FC2ブログ

子犬の価格

業界について
04 /27 2019
IMG_3631.jpg

今日は、ぼたんの病院に行ってきました。
ゴールデンウイーク初日に診療してくれる動物病院の混みかたは凄いですね~(;゜0゜)
待合室の中にも入れないほどでした!

いっぱいいるワンコ達!
どの子も可愛い可愛い!
ホントに可愛くて抱きしめたくなります♡♡

ワンコ大好き人間には、病院ですらパラダイス♪♪


先日お客様より子犬の相場についていろいろとご質問がありましたので、書きたいと思います。

子犬を販売するという職業柄。

皆様にちゃんとした子犬を提供しないといけないと考えると、きちんとした価格で、きちんとしたブリーダーさんをご紹介しなければいけませんね。

健康で、性格が良く、のほほんとしたワンコ。
血筋も大事ですよ。
何代にも受け継ぎますからね。

ちゃんとしないと後でお客様に恨まれる事となりますので…

きちんとしたブリーダーさんは、何代も血筋やクオリティーを見ながら適正な交配をして、その中でも特に優れた子はドッグショーという舞台に立たせる。
一般の方が聞けばびっくりする位のお金と手間をかけてチャンピオン犬を目指すのも、繁殖手法のあり方を、さらにレベルアップを目指しているんですね。

犬種としての「あるべき姿」を後世に残し、受け継がせる重要な役割を担っているわけです。

なので、きちんとしたブリーダーさんほど誇りが高く、生まれてきた子犬には愛情とともにその価値を分かっていただける(あるいは分かろうとしてくれる)飼い主さんにお渡ししたいというのが本音。
どうしても多少の高値がついてしまうのは、仕方がないのです。

ところが・・・・
今はそんな誇り高いブリーダーではない、繁殖屋さんやペットショップさんがびっくりするぐらいの価格で子犬を売ってますね。
(激高、激安)
なぜでしょう・・・
悪口は書きません(笑)

うちで扱っている子犬はおおよそ20万円~35万円ぐらいが多いですね。
いろんなペットショップさんと見比べてみてください。
質も見栄えも、内面も全て別の世界の子たちですよ( ^ω^ )

免疫と愛情を親犬からきちんと赤ちゃんの頃に貰って育ち、食事面にも気を使い、ブリーダーさんが最善を尽くして管理されているので、身体の弱い子、臓器の弱い子なんていませんから☆


ACCEPT DOG

犬に手間をかけているという事

業界について
11 /26 2018
acceptdog[744]



前回は、ブリーダーと繁殖屋の違いを書きました。

犬に手間をかけてあげている。
とはいったいどういう事でしょうか。

犬にたっぷりと時間を使っている。

その内容とは、例えば
食事や排泄のお世話だけでなく、体のお手入れ(被毛の手入れ、シャンプー、爪切り、肛門絞り、お髭切り[好みです])
など。
※繁殖だけの為だと、このお手入れすらもしてもらってない子もいます。

ご飯については人間のお米よりも高価な、バランスのとれた栄養たっぷりの上質なフードにプラス、生の馬肉を取り寄せて与えている方もいます。
手作りフードなども当たり前にやられています。

犬の被毛の艶が、全然違いますよ。

繁殖するためだけでなく、本当の愛犬家なために、その子との生活や先の事まで考えている。
なので、母犬になる前からのさまざまなしつけ。
ショードッグでは必須な、お立ち台の上でのステイまで。

他の犬達との触れ合い方や、コミニケーション。
人にも慣らされていて、人が大好きでしっぽフリフリ。

そういった事までしていると、飼育環境までフリーだったりします。

妊娠した母犬には、体調管理や、体力づくりまで徹底します。

生まれた子犬には、お乳の飲みが悪い子には哺乳器やカテーテルでブリーダーさんがほとんど寝ずに哺乳します。

子犬の頃から、人間社会の騒音に慣らせます。
例えば、掃除機、車、バイク、救急車、パトカー、雷、花火、電車の音、遮断機の音など、CDで音量を調節しながら聞かせ慣らせます。

温かいとおねしょをしてしまう場合があるそうで、こたつでしつけます。
先輩犬のマネをするので、トイレのしつけは2ヶ月足らずでできてしまうようです。

子犬の成長記録もまめに、体重変化の記録、3日に1度は子犬の様子を撮影もしたり。

飼えなくなったら返してください、という方もいるんです。
本当に大事に思っていなければ、ここまでの事は言わないんじゃないでしょうか。


ここまでこだわって、大切に育てている犬のブリーダーさんが本当にいるんですよね。


ACCEPT DOG

ブリーダーと繁殖屋の違い

業界について
11 /16 2018
ブリーダーと聞くと、犬の繁殖をする方の事をそう呼ぶと思いますが、私が思う本当のブリーダーとはどんなものなのかを
今日は書きたいと思います。

本当のブリーダーとは、まず大前提に本気の愛犬家であること。
愛情を持って犬に接し、犬に費やす時間が多く、手間をかけてあげている
母犬や、父犬のカラーや血統を考え計画的に交配させている。
自分の生活の基盤の仕事を持っていて、子犬で稼ごうとしていないという事。
命を背負っている事で、中途半端ではない気持ちで努力家。
数種類の犬種でなく1犬種の繁殖で極めている事。
ドッグショー経験者であり、規格外の希少カラーや希少サイズなどの、犬の健康に関わる繁殖はしない。
プロフェッショナルであり、卓越したハイクラスの犬種の向上に努めている事。
そして繁殖犬の体力を一番に考え、お休み期間や引退の年齢を考えている。
繁殖犬の最後のゆりかごまで、しっかりと面倒を見てあげられる事。

幸いなことに、ACCEPT DOGでお取引させているブリーダーさんはこんな方ばかりなのです
(*^_^*)

犬に手間をかけてあげている。
とは、いったいどういうことなのかを次回書きたいと思います。

acceptdog[744]
ACCEPT DOG

良いブリーダーの定義

業界について
05 /15 2018
acceptdog[744]

これまで数多くのブリーダーさんと出会い、お話を聞かせていただいてきました。

そこで、私が思う本当に信用できる良いブリーダーさんに、ついて書きたいと思います。



ブリーダーさんは、とにかく犬が大好き!本当に犬を愛する愛犬家であることが大前提ですよ☆


・犬舎は清潔であり、お引渡し後の事を考えて一般家庭と同じ状況の部屋がある。
 子犬の住居は、騒音にも慣れさせる場所に敢えて設置している。


・犬に手を掛けることに、時間も手間も惜しまない。

 健康管理・・・爪、耳、ムダ毛の処理、ショーに出す出さない関係なく体は清潔にしている
 子犬時代からのしつけ・・・飼いやすく、人懐こい性格になる
 食事、飲み物へのこだわり・・・手作りやトッピング、こだわりのフードメーカー、ヤギミルク、馬肉(母犬)など

 
・最後まで十分に世話ができる以上の頭数は飼育しない。(全頭の体調の変化も把握したい為)


・母犬の母体を大切に考え、発情のたびに交配するのは避け、4歳~5歳で引退をさせたいと考えています


・共に歩んだ老犬も愛し、終生飼育をしている(お墓もあり、供養を大切に)


・子犬を心底可愛がってくれる方にだけ引き渡したい、何かの事情で世話が出来なくなったら捨てる前に返して欲
 しいと言う


・遺伝子疾患の出る可能性が高いカラーブリーディング、極小サイズなど希少性を狙うようなブリーディングはしない

 
・犬種の良いところばかりでなく、悪いところもちゃんと説明してくれる


・子犬を引渡した後も、いろいろな相談にのってくれる


・法的書面や契約書はきちんと用意してくれる
 (犬の事は分かっていても、関係法律は知らない、商取引の慣習も知らないでは何かあった時に不安です)


このように簡単な箇条書きにしてしまいまいしたが、ひとつひとつの内容にもっと奥深いお話がついてきますよ+.(*'v`*)+


ACCEPT DOGでは、このようなブリーダーさんに囲まれております。
とても信頼のある、優良ブリーダーさんの子犬をご紹介させていただいています。




みなさんは、病気は放置、手入れもしない、お金儲けだけの繁殖者からの格安ワンちゃんが欲しいと思いますか??

私達の存在意義

業界について
10 /31 2017
2週連続の台風と、木枯らし1号が吹き荒れ、昨夜はホントに冷え込みましたね・・
みなさん、体調にお気をつけくださいませヽ( ´_`)丿

ed7162d2b7583bc6852912bf5ed143ab_s.jpg


子犬を家族に迎えたい時に、まずはペットショップ、またはブリーダーの直販サイトなどで探しますか?
他にも、保護犬を引き取るなどの選択肢もありますね。
誰しも今のこの時代にネットで探すのは、常識の時代です。

ショップでは、その子の産まれた瞬間からの環境、親犬からいつ引き離されたのか、どういう状況でその店にまで来たのか、
お店のショーケースの中にどれだけの時間いたのか、他の犬たちとどのように生活し、どんな人間と触れ合ってきたのか、という生い立ちが明確ではありません。
店員さんに聞いたところでどこまで把握しているのかも分からないし、事実と違うことを言われるかもしれませんね。
もっと深堀していって、親犬のカラー、体重、体調、そのまた前の血統なんて話は聞けないかもしれません。

またとても安価な子犬の場合、フードの安全性や質に関係なく与え、病院にも連れて行かない、環境にお金をかけない、十分なケアをしていないなど、安いのには安いなりの理由があるんです。

では、ブリーダーさんが直販するためのサイトではどうでしょうか。

・どんなブリーダーなのか実態がつかめない。
・どんな環境の犬舎なのかわからない。
・ブリーダーの人柄もわからない。
・親犬の食事はどんなものを与え、運動はしているのか?
・本当に健康な親犬から産まれた犬なのか?
・子犬の健康状態は良好なのか?
・価格もいうほど安くなく、ペットショップよりも高額な子犬もいる。

このような不安要素がある中で、どうやってブリーダーを見極めお迎えするのか。

ACCEPT DOG は自らブリーダーさんの元へお伺いし、ブリーダーさんの信念やこだわり、ワンコに対する愛情から全て十分にお聞きしたうえで、実際の犬舎の様子、繁殖の現場を見せていただき、信頼関係を築き、子犬は卸値で提供していただいています。
このような、仲人的な人間がいて、自信をもっておススメできるお墨付きの犬舎さんとお付き合いさせていただいております。

ドックショーに出陳されているブリーダーさんは、犬種標準向上のための繁殖を。
家族同然の愛情をもって、ブリーディングされている犬舎さん達もたくさんいらっしゃいます。

子犬の社会性を身に付けた子は性格も良くしつけやすく、母犬の側で寸前まで育った子犬は免疫があり丈夫であること。
これは、日々ブリーダーさんとお付き合いさせていただいてるうちに、本当に知り得る事ができました。
感謝でしかありません。

これからも、日々勉強!
そして子犬と人との繋ぎ役で、子犬の幸せと、飼い主さんの笑顔に少しでもお役に立てられるよう頑張っていきます!

★子犬情報はこちらからACCEPT DOG
とっても血統の良いミニチュアダックスの子犬達がたくさんいますよ♡